大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大阪鶴見店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

〒538-0051

大阪市鶴見区諸口4丁目6番3号

TEL:0120-713-263

FAX:06-4397-7031

おかげさまで大阪市や門真市・大東市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-713-263

[電話受付時間] 8:30~17:30まで受付中

メールでのお問い合わせ

八尾市のアパートで2階の手摺り下を簡易防水塗料を塗りました。


手摺り下の防水

八尾市のアパート外壁塗装工事の中で2階の手摺の下部の所の写真です。施主様がご自身でグリーンの市販塗料を塗られたとのことです。塗料もだいぶと剥がれているのが見られると共に、ヒビ割れもところどころ見られています。ヒビ割れは床専用のウレタンシールで塞いでいきます。

手摺り下のプライマー

防水材を塗る前の作業として、密着の性能を高めるために、プライマー(下地と上塗り塗料との接着材)を必ず塗ります。特に床などに塗る防水はプライマーを塗らないと、すぐにめくれや剥がれの原因になってきます。今回は水性の防水材を使用するので、水性のプライマーを使いました。

手摺り下の簡易防水

今回使用したのは、簡易防水としての役割があり、且つ防塵の役目にもなる材料を使用しました。水性系なので、乾燥も早く、また作業性もはかどります。それと、材料の中に小さい砂が混じっている(砂入りの骨材を樹脂に混ぜた物)のが特徴です。

手摺り下の簡易防水2回目

プライマーが乾いた後に、砂骨入りの材料を2回塗っていきます。砂骨入りの材料をぬるには、専用のローラーを使用します。普通のローラーを使うとローラーの毛に砂骨材がまとわりついて、上手に塗ることができません。色はグレーです。2回塗れば、綺麗に仕上がりました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 奈良市で平屋建ての外壁塗装の付随工事が終了しました。

奈良市で平屋建ての外壁塗装工事をおこないました。 外壁は弾性系の塗料で上塗りに柄を付けて完了になります。各所のビニールをめくっていけば壁塗装は終了です。 建物に付随するペンキ工事は庇と木製の枠、樋および鉄製の支柱があります。 エポキシ系の錆… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 奈良市で平屋建ての外壁塗装工事をおこないました。

奈良市で平屋建ての外壁塗装をおこなっています。 クラック処理した後、弾性アクリル樹脂塗料を使うことにしました。 クラックの広がりを少しでも小さくしたいがためです。   弾性樹脂塗料を壁全体に万遍なく塗っていきます。 クラック処理の所とそうで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 奈良市で平屋建ての外壁下塗りとコーキングをおこないました。

奈良市で平屋建て1階の外壁塗装工事です。 クラックが多かったので、セメント系の下地処理を行った後、各所の窓や床の養生をおこないました。 養生はどんなときにも必ず必要ですが、養生をきちんとしておかないと、塗装後に壁に塗料が着いてしまって、掃除… 続きを読む
大阪市・門真市・大東市・東大阪市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30まで受付中
phone0120-713-263
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大阪鶴見店に