大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大阪鶴見店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

〒538-0051

大阪市鶴見区諸口4丁目6番3号

TEL:0120-713-263

FAX:06-4397-7031

おかげさまで大阪市や門真市・大東市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-713-263

[電話受付時間] 8:30~17:30まで受付中

メールでのお問い合わせ

大阪府東大阪市の工場内に新しく休憩室の壁塗装をしていきます。


石膏ボード

大阪府東大阪市に工場の中に休憩室を作ることになったので、施工依頼を頂戴しました。工場の一角に約2m×8m程の休憩室です。天井は化粧せっこうボードが用いられています。(ジプトーンとも言います。)

休憩室壁

壁は石膏ボードで作られています。内側と外側の石膏ボードをまず、パテ仕上げしていきます。ボードに塗装をする場合、ボードの繋ぎ目に目地テープを貼っていきます。目地テープを貼らないと後ですぐに割れてきます。

寒冷紗

こんな感じで目地テープを貼ります。塗装屋さんはこのテープの呼び名を寒冷紗(かんれいしゃ)と呼びます。それから、水性のパテを使用して3回に分けて作業します。

パテ

パテもクロス屋さんが使うパテではなく、塗装屋さんが使うパテで、多くのメーカーがいろいろな種類のパテがあります。施工会社によって、どこのパテが使い勝手がいいのかは、それぞれ違うみたいです。

パテ仕上げ

1回目のパテが終わった写真です。冬場は気温が低い為、乾きが夏場よりも全然時間がかかります。少しでも乾燥を早くしたいので、パテに硬化促進剤を加えていきます。

パテ2回目

パテ1㎏に対して2gを添加すれば、通常の半分の時間で硬化します。便利なものがありました。少しでも作業性がはかどりました。2回目のパテ作業が終了しました。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 門真市で施設のリニューアル工事に伴う天井塗装工事をしました。

門真市で施設内のリニューアル工事に伴う天井の塗装工事をおこないました。 トイレ、休憩室、更衣室等の部屋の天井、壁、床の改修工事です。 天井の現在の素材は事務所等でよく使われているジプトーンと呼ばれているものです。 ジプトーンとは化粧石膏ボー… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市淀川区で玄関入口の縞鋼板階段の塗装をおこないました。

大阪市淀川区で事務所リニューアル工事の塗装で玄関入口にある縞鋼板階段の塗装をおこないました。 人の往来があるためこの階段を通行止めにして、もう一つある階段を利用していただきました。 内部塗装でも鉄部は錆が出ていなくても、下塗り材で錆止め塗料… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市淀川区で事務所内の階段(鉄製)の塗装を行いました。

大阪市淀川区で事務所内玄関の腰壁塗装をおこないました。 真ん中中央に茶色の見切り材が見えますが、見切りの上部は水性の白色で仕上げています。 見切り材の下部を塗装したのですが、色は紺色より少し薄くてしかもあまり冴えた色ではなく、濁った青色系に… 続きを読む
大阪市・門真市・大東市・東大阪市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大阪鶴見店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30まで受付中
phone0120-713-263
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん大阪鶴見店に